【似合う似合わない問題】

最近、あらためて思った事なんですけど

「自分に似合う服がわかる」ようになると「着たい服が似合う」ようになっていくという。

服を「着こなせる」ようになるということですね。

若干、卵が先かニワトリが先か的な感じもします。

 

似合う服や色については、骨格や身長などの体系、肌の色味や顔のパーツバランスなどで、良くタイプ診断なんかもあります。

フェミニンタイプ、ハンサムタイプとか暖色系、寒色系とか。

この辺は、セオリーなので希望的観測で「わたしエレガントタイプ~」とか決めずに確認しておきたいところです。

 

※検索すると色々出てきますので、下記参考まで

おすすめサイト 

骨格×パーソナルカラーで見つける「本当に似合う服」

https://baycrews.jp/event/stylecheck/

 

 

「好きなもの」を着るのはうれしいし、その気分は大切。

だけど、ちゃんと「自分に似合う服がわかる」ようになると

より魅力的な部分を活かせたり、人から似合うねと褒められて自信も持てるようになったり。

褒めれると、さらに期待に応えたいっていうか、期待を裏切りたくないっていうか、もっと素敵になりたいな、って思うもの。

そしてまた、いいね、素敵ねって言われたり。

その好循環の結果、好きなもの、つまり

「着たい服が似合う」=「着こなせる」ようになっていくんだな。

きっとそうだ。

 

個人的な見解ですが

その人の雰囲気というのは本人が描いている「自己像」が影響しているところも大きいように思います。

プラスのものでも、マイナスのものでも。

こんな自分でいたいな、こんな風に見られたいな、私なんてムリだし、わたしはわたし、とかが醸し出されている感じ。

だから自分の自己像に鈍感にならずに、固定概念も取っ払って

そして自分の好きな服を着こなす気概をもって

先ずはどんな感じが似合うのかな?って改めて考えてみるのも良いと思います。

 

「どう見られたいか?」っていうのは

人の目を気にし過ぎている事ではなくて

「自分の印象について、自ら決定権を持つ」という事だと思います。

 

ステキ♪と思った服を着てみたらなんか違うなーと思ったことは

何回もあります。でも着こなすスベはあるはず。

私が自分の着こなしで「ん?」と感じた時に調整するのは

髪をまとめるか・崩すか、首周りの抜け感出すか、裾出すか、はおりの前を開けるかボタン留めるか、袖をまくるか、アクセサリーの大きさを変えるか など。

「服を着こなす」には、全体のバランスの調整が大切な気がします。

 

《自分に似合うものを制する者は、おしゃれを制す》

 

わたくしも精進してまいります・・・。

 

では

来週の❝おしゃれエル塾❞もお楽しみに♪