【『大人のコスパ』のすゝめ】 – e-clothing-online

【『大人のコスパ』のすゝめ】

隅に置けない、そんなブランドになりたい。

あまり聞かないし、言わないですよね、隅に置けないね~なんて。

なんか昭和っぽいし。うちの母とか使いそうだけど。

でも意味が良いのでお気に入りの慣用句です。※注

 

隅に置けない、とは《思っていたより優れていて侮れない事》。

「有名じゃないけど、なかなかいいじゃない、エルベンスドゥって。どこの会社がやってんの?」

アパレル業界でそんな風に言われてみたいものです。


さて、その日本のアパレル業界はといえば

商品価格が世界的に見ても高いそうで、今年の夏前にこんな寄稿を目にしました。

 

「日本のアパレル商品は高すぎるのだ。

海外に行き、一般家庭で人が着ている服の値段を確認してみればわかる。

せいぜい単品で2,0003,000円だ。

夏物に至っては1,000円でも高いほうだ。

これに対して、日本の多くのアパレル企業が販売する正規の小売価格は

平均すると5,000円前後。高い商品は1万円を超す。

一般家庭向けに、平均5,000円前後の高価な服が並ぶ国は日本と韓国ぐらいだ。」

《アパレル業界‛新産業論‘》河合拓氏寄稿 より抜粋

 

(・_D フムフム、なるほど。

世代的に、私は洋服やファッション小物にお金をかけてきた方だと思います。

10代の頃、おしゃれな友人は憧れの的だったし

賢いと同じくらい、いやその頃はそれ以上に重要な尺度だったかも知れない。

 

ただ近年、特にこの1年は世間一般的にも

ファッションにお金をかけなくなったといわれる時代。

素材の開発や軽量化も進み、昔ほど本物やブランドにこだわらずとも

低価格で良質、着心地の良いアパレル商品も増えています。

安かろう・悪かろうではなく、適正価格で良い商品。

 

「本当に良い物を見ていれば、リーズナブルな物の価値もわかる」

大人のコスパ商品は、そんな、経験を積んできたからこそわかる

「価値と価格のバランス」が大切かな、と思います。

 

 

価値の高いものを知っていたり、見たり、触ったり

その良さを感じているからこそ

高級品でなくても、お得で価値のあるものを上手に取り入れられる。

ちょうどいい価値と価格のバランス。

 

ステキなものを、期待を裏切らない適正な価格で手に入れられる。

エルベンスドゥでは、そんなおしゃれを楽しめる

《大人のコスパ商品》をお届けしていきたいです。

 

では

来週の❝おしゃれエル塾❞もお楽しみに♪

 

※注:「気に入っている慣用句は何ですか?」と人から聞かれたことは1度もないですが、他にも

◆そろばんが合う(採算がとれること)

◆横車を押す(無理とわかっていながら自分の言い分を押し通そうとすること)

◆白紙にもどす(もとの何もない状態にもどすこと)

◆のるかそるか(成功するか失敗するかわからないのでとにかくやってみること)

◆つぶしがきく(本職がダメになっても、他の仕事をする能力があること)

など、言い方の面白さと意味がお気に入りです。