【COLOR!COLOR!COLOR!】


商品を企画するに当たり外せないこと。

それは
〝シーズンテーマカラーを決める〟こと。

ブランドのシーズンテーマカラーを決める、というのは、意外となかなか難しい。

「そんなの、トレンド情報として世に出回っているんだから、そこから決めるんでしょ」と思っていた。
確かにそうなのだ。しかし、こんな事いうとトレンドセミナー講師の方々に怒られそうだが「正式に発表されるトレンドカラーって結構、何色もありやな」という感じで🙄

プロモスティル(パリで発足したトレンド情報会社)発信やトレンドセミナーで伺ったシーズンの気分やカラーテーマを→デザイントレンドと合わせてエルに合う感じで選び→実際の商品への落とし込みの仕方を考える‥のが意外とビミョーなのだ。

トレンドでは色んな色が、全部、ちょっとづつ出ている🙄

イエローとかピンクとかまたブラックが来るとか、わかりやすいカラーでも、トーンがパステル調とか、彩度が深く重みのある色調とか、何系ベースとか。

カラーについては色彩検定など、学生時代や前職でもいちおう勉強したが、奥が深い。感性が大事な分野でセオリーだけでは無い、意外な組み合わせも多い。

そしていくらトレンドカラーだからって、そしてそれを月のテーマカラーに決めたからって、その月に入るものは必ずそのカラーにするわけはもちろんなく、やっぱりアイテムに落とし込みにくいカラーってある。

例えば深いグリーンなんかそうなんだけど、素材やデザインによってはクラシカルで高級な雰囲気も出て素敵だけど、グリーンばかり着てる人って少ないから商品としては少しでいいし、実際あまり万人受けはしない通好みのカラーだ。

今年の秋にもトレンドカラーで差し色に選んだけど、全然落とし込めなかった。
実際商品のカラーを決めるときに、この商品には他の色の方が素敵だなあとか思ってしまってなかなか使えないのだ。

時代の、シーズンの空気として捉え、アイテムによって上手く落とし込む。

わかる、そりゃそうだ。

そしてまたトレンドカラーの投入を邪魔するのが「昨年実際売れたカラー」と「合わせやすいカラー」。こちらは≒(ニアリーイコール)だ。

そんなこと言ってたら、色々合わせやすいグレージュとかばかりになっちゃう。

お客様がそのブランドに対して、期待する価値によっても、トレンドカラーの取り入れ方は違うと思うので、あまりストレートに商品に取り入れると「流行っているみたいだけど、私にはちょっと」となる恐れのカラーもある。

むずかしい。

・・とまあ、そんなこんなでしたが

色々と彩度や明度を少し変えたりして、来年のエルの春夏カラーが決まりました。


今年は春先にグリーンベースのパステルカラー、ブラック×ピンクやミルク、夏前から少しパキッとしたカラフルなカラーを差して

お手持ちのベーシックカラー服にも合わせやすい、オトナの女性に似合うカラーアイテムを増やそう!と考えております。

やっぱりキレイ色はココロが華やぎます😊✨

12月後半くらいから少しづつ優しい春カラーのアイテムも登場して来ます。

来年の春夏は肌の透明感を上げてくれる綺麗色のアイテムを色々と作っていきますので、お楽しみに♪